高校生の時に作ったゲームを完成体っぽくしてみた

 

ちょっとマニアックですが、
高校生の時に作りかけていたゲームを完成体っぽくしてみました。

縦スクロールする自分と、横スクロールする自分を
同時に操作して進む、というゲームです。

素晴らしいほどクソゲーに仕上がりました。

ただ、時々出てくる「s」(スペシャル)を拾ってスペースキーを押すと
障壁を一掃できるレーザーが横方向だけ出せます。

行き詰まった時に、ばばーんと撃って乗り切るゲームです。

ゲームスタート時にはレーザーを3つ持っています。
10秒毎にレベルが上がり、徐々に障壁が増えていきます。

スピードが遅いんじゃね?とツッコまれそうですが、
当時の廉価パソコンの高級言語の処理速度なんてこんなもんです。

しかも、縦方向と横方向を同時に操作するので、
これ以上速いと本当にクソゲーになります。

※上の動画にBGMがなくて淋しかったので、
私が昔シンセサイザーに打ち込んだ
KONAMIのGRADIUSⅢのstage3をBGMにしてみました。

シンセサイザー側の音数が足りなくて
クラッシュシンバルが途切れるのが惜しい作品です。

 

このゲームは
マシン語を覚え始めたころ+アセンブラはないし、
ノートにハンドアセンブルしてた記憶があるので、
多分高1ぐらいに作ったものだと思います。

ちなみに、ソースリストを見たい方はこちら
著作権は放棄しまーす。

PC-6001エミュレータをお持ちの方で
「ちょっとオレにもやらせろ」と思った方はこちら

※モードは1(16KB)でページは2です。

あっ
これってベーマガに出したら載るかな?って思ったけど、
年前(2003年)に廃刊してるじゃん! だめじゃん!

 

トップページへもどる