176冊のマイコンBASICマガジン

 

 以前の日記 にも書いたのだが、
私が愛読していたマイコンベーシックマガジン(以下ベーマガ)を売ったら
全部でいくらになるんだろう?

…ということで、その準備のために本を広げてみた。

 

マイコンBASICマガジン(マイコンベーシックマガジン・ベーマガ)1981年7月号~1996年8月号まで176冊

ベーマガ創刊前の1981年から、黄金期を越えた1996年までのベーマガが勢ぞろい。

なんと全部で176冊。

一覧にすると

1981             10 11 12
1982 →創刊   10 11 12
1983 10 11 12
1984 10 11 12
1985 10 11 12
1986 10 11 12
1987 10 11 12
1988 10 11 12
1989 10 11 12
1990 10 11 12
1991 10 11 12
1992 10 11 12
1993 -- 11 12
1994 10 11 12
1995 10 11 12
1996     finished

・・・ということになる。

かれこれ15年間ということになる。

★1993年10月号は私のプログラムが掲載された時のものということもあって、別の場所に保管している。
あ、そうなると全部で177冊か。

※てっきり140冊ぐらいだと思ってた。

詳細を語るとながーーーくなるので、 画像を中心に話を進めよう。

画像は大きいけどお許しを。

マイコンBASICマガジン(マイコンベーシックマガジン・ベーマガ)1982年8月~1984年12月まで

なんだ、ピンぼけしてるじゃないか。。。

さて、
持っている人はたぶん少ないといわれていて、
1冊1000円?とかで取引されているという、1982年~1983年の頃のベーマガ。

未だになんで創刊号(1982年7月号)を買わなかったのかと後悔。

この頃はパソコンの価値なんてあまりわかってもらえなくて、
使い道のない道楽と思われていた。

私はパソコンがいずれ普及するだろうとは思っていたけど、
今のような形になるとは全く思ってなかった時代。

横から見ると・・・。

マイコンBASICマガジン(マイコンベーシックマガジン・ベーマガ) 横からの画像

1983年にピントをあわせたんだけど、もう少し絞り込んでもよかったね。

昔のPCは、使っている言語こそ揃ってBASICなのに
機種ごとの互換性はなくて、
同じメーカーでもパソコンが違えばプログラムは動かなかった。

だから、市場にあるパソコンのソフトを満遍なく掲載するこのベーマガは
他の機種へのソフトの移植の勉強にもなった。

貴重なベーマガといったらこれ。

ラジオの製作の付録時代:マイコンBASICマガジン(マイコンベーシックマガジン・ベーマガ) 1981年7月~1982年5月まで

これが、ベーマガが創刊される前、
月刊ラジオの製作に付録として付いていた頃のもの。
1981年5月から1982年5月までの1年間発刊された。

当時は3mmほどの薄い本だったが、これが1982年7月に独立。

ベーマガは創刊されてからますます人気を集め、
ベーマガ自体も付録をつけるようになった。

マイコンBASICマガジン(マイコンベーシックマガジン・ベーマガ) スーパーソフトマガジン 1983年11月~1984年11月まで

スーパーソフトマガジン。
(おかしい、1984年12月号がない!!) (←ありました。2008/5/5)

ゲームの攻略本なのだが、かなり力の入った冊子だった。

この冊子だけの万引きが多かったらしく、
1985年1月から本誌と合流する。

よく見るとゼビウス・マッピー、パックランドなど、 ナムコのゲームが目に入る。
当時のナムコのゲームはかなり人気があったことを思い出す。

しばらくすると、こんな冊子が付録になった。

マイコンBASICマガジン(マイコンベーシックマガジン・ベーマガ)Let's PLAY! コンピュータミュージック 1989年5月~1990年3月まで

LET'S PLAY! コンピュータミュージック。(全11号)
この雑誌はDTM(desktop music)の先端を行っていた。

当時シンセサイザーの雑誌はもちろんあったのだが、(キーボードマガジンとか)
それはバンド向けの内容だった。
こちらはあくまで打ち込みを主体とした記事に徹していた。

要するに、楽器を練習した上での音楽作りとは違い、
プログラマーの延長として音楽作りを目指そう、という人向けの本だった。

これはめでたく

コンピュータミュージックmagazine 1990年~1991年まで

コンピュータミュージックマガジンとして独立する。
ベーマガとしては初めての独立月刊誌となる。

この頃はゲームミュージックが流行っていて、
パソコンで再現するのがなかなか面白かった。

楽器が弾けなくても楽譜さえあれば楽しめたからだ。

マイコンBASICマガジン(マイコンベーシックマガジン・ベーマガ) ゲームミュージック楽譜集vol.1~vol.4まで

でも結構楽譜の間違いなどがあって、
やっぱり最後は耳コピに頼ることになる。

ベーマガも2003年の5月号まで続き、事実上の廃刊になった。

最初は売る気満々でベーマガをテーブルに並べてみたのだが・・・。
表紙を見ているだけで、15年分の思い出がよみがえってくる。


3時間もかけて打ち込んだゲームが
データをテープに保存している最中に
落雷+停電でデータが消えたこと。


2時間かけて打ち込んだゲームが、
起動させた瞬間にハングアップした。

1ヵ月後、2時間かけて同じゲームを打ち込んで
今度こそは、と思ってテープに保存してから起動した。

やっぱり打ち込みミスがあってハングアップ。
さあテープから読み出して修正だと思ったら、
なんと保存に失敗していた。


データレコーダーにACアダプターが刺さっておらず、
なくなりかけの内蔵電池で保存したためだった。

さらに2ヵ月後に同じゲームを打ち込んだのだが、
やってみたら全然面白くなかったこと。


当時のパソコンはテレビにつないで使うものだったので、
家族のみんながテレビを見ているとパソコンが出来なかった。

そこで、パソコン本体だけをひざの上におき、
画面も何もない状態で黙々とプログラムを打ち込んでいたこと。


小学6年生の夏に初めてゲームを作り、
中学校の夏休みの自由研究はプログラムを公開、
模造紙に手書きでプログラムを書き写す。

高校になるとマシン語に夢中。
後輩たちと切磋琢磨の日々。


でも、高校を卒業してから、そんなプログラミングからは引退した。

パソコンがなかなか買ってもらえず指をくわえて我慢していた時や
ベーマガを何度も読んでパソコンの情報を集めていたこと、

突然の体調不良に悩まされ、
ベーマガとパソコンと家族だけが支えだった苦しい日々を思い出す。




だめだ・・・




こりゃ売れないいぃ・・・

 

 

 ココロの準備が出来たらヤフオクにでも出してみるかなー。(^-^)

 

--- おまけ ---

工学社I/O22冊とPIO9冊

工学社のI/Oとpioもこんなに・・・(笑)

 

※創刊号を入手した話はこちら

 

トップページへもどる