akkyの自作のPC 2005-その1

 

さて、私のPCが3年ぶりに新しくなった。
その辺りを詳しく説明していきたい。

また、自作ってなに?と思っているあなたにも
ぜひ読んでいただきたい。

詳しい説明までするとかなりの長文になるので
機種名・メーカー名・用語はぐぐってね。 

★ 

今まで使っていたPCはpentium4 1.6AGHz。
まあ、pentium4が出て1年ほどたった頃のCPUだ。

以前の日記にも書いたのだが、
あれからPCも少しずつ変更したのでまとめなおそう。

 

CPU intel pentium4 (1.6AGHz) Northwood。FSB400用。あえてオーバークロックすることを前提に購入。
power OWLTECH
super tornade (SS-400FB / 400W)
静かでいい電源。以前、マシンがまったく動かなくなった時、「原因は電源にある!」と思って買ったもの。実際は電源に原因があったのではなく、マザボの裏に挟まっていたねじでショートしていただけだった(笑)。生産完了。
motherboard ASUS P4B533 購入当時の定番マザーボード。確かに不具合はなかったが、対応ビデオボードがAGP4倍までというのがつらいところだった。 型番どおりFSB533対応。
memory ノーブランドのPC2700 512MB*2枚=1GB。 デュアルチャンネルじゃない頃のDDR-SDRAM。DDR333。

videoboard GIGABYTE Radeon 9550 (128MB) 別に高速3Dゲームなんてやらないので、ファンレスの手ごろなビデオボードを探していた。私のマザボはAGP4倍までなのに、T-zoneの店員に聞いたら、AGP8倍のradeon9550ならAGP4倍のマシンでも動くでしょうといわれて買った。
Hard Disk Seagate   120GBと150GBの2つ。(IDE) 静かなHDDといえばseagate。トラブルが多いのもseagate。raidとかは考えてない。
sound card CREATIVE soundblaster Live!5.1
音源としては定番だが、現在は外付けMIDIインターフェースを使っているから、今は使ってない。
DVD-drive Pioneer
DVR-A09-J
静音性が売りのこのパイオニアのドライブ。確かに静か。DVD±R16倍 DL±6倍。発売当時はメディアとの相性が厳しかったが、ファームをアップするとあまり気にならなくなった。maxellの8倍速DVDを買うと、なぜか12倍で書き込める。
floppy-drive Mitsumi (2mode) これをジャンク屋で200円で買った。今は3modeのフロッピーがほしい。
Lan-card 3com 10/100MLAN
LANカードといったら王道の3COM。ラッキーなことにマザボにサービスでついていた。
video tuner Canopus MXTV2004 映りいい。DivXとの連携もいい。
CPU cooler CoolerMaster cyprum(シプラム) 静かで最高。
Case OWLTECH の白 2003年頃はかっこいい箱なんてほとんどなかったよ。

 ・・・という構成。

pentium4 1.6AGHzはFSB400用に発売されていたが
FSB533も視野に入れて作られていたCPUのため、
FSB5533のマザーボードのBIOS上で

CPUを×1.3倍速(400*1.3≒533)の設定をしたら、
あっさり2.15GHzで動いたマシンだったのだ。

(これをオーバークロックという。無理すると故障する)


※後に1GB RAMにした。

 

何故あえて低クロックのCPUを買ったのかというと、
初代pentium4は低電力ゆえに発熱が少ない。
するとマシンのファンの数を減らすことが出来て、
静かなマシンになる。

これが最大の目的だったのだ。

 

今でこそアルミ製で通気性のいい筐体や
完全密封の筐体などが店頭に並び、
静音マシン・水冷キットなど各種売られるようになったが、

これはそんな機材の出る前の
3年前から静音を追求したマシン。

静かさ+内容的にみて未だに存在価値がある。

 

つづく

トップページへもどる