GM・GS・XG音源って何? -第1章-

 

先日、知人から借りていたシンセを返すことになった。
GM音源というやつ。

GM音源というのは「ジーエム音源」と読むんだけど、
一体GMは何の略なのだろうか。

 

 予想 その1 ...「ジェネラルモーターズ」
うーん。ありがち。これではまるでオヤジギャグ。

 

  予想 その2 ... 「ゲームミュージック」
うーん。ありがち。これではまるでオタクギャグ。

予想 その3 ... 「ガチャピン・ムック」
・・・・・・ どんな音がするんだろう。(笑)

 

そういえば、
私はポンキッキで育った人間だが、20年以上の間
「ガチャピン」と「ムック」を取り違えて覚えていた。

そんなある日、ポンキッキーズを見たら、
なんか話の流れについて行けなくておかしいなーと思っていたら

赤いほうが「ムック」で、
大きなおできがあるほうが「ガチャピン」なんだってね。

ショックっっ。

ところで。

GMは「ジェネラルミディ」の略です。

GM音源というのは
違うメーカーや違うシンセでも、
同じ音楽データで同じような音色がなるように
音配列されたシンセサイザー」のことです。

 

ふーん。

って言いたい顔をしたな!

えっとね…

昔はシンセごとにみんな音色がバラバラだったんだぞ!

ヤマハとローランドとコルグとカワイ、それも機種ごと、
全部音の配列がバラバラだったんだぞ。

2段目のKORGのM3Rも、

3段目のROLANDのD-110も、

それに。このYAMAHAのSY22だって、

下のROLANDのJV80だって、

みんなみんな、
音楽データを鳴らすとみーんなテンテンバラバラな音がしたんだぞ。

ピアノのパートがドラムで鳴ってしまったりしたんだぞ。
ドカバタチャチャバタドンドンドン・・・とね。

そりゃもう騒音同様。

作った音楽データは
それぞれ特定の機種にしか対応してなかったから、
他の人には流用できなくて、
すごく不便だったんだぞ。


最近はメーカーが違っても
ほぼ同じように演奏するように規格を決めたのだ。
それがGM規格というのだ。

 

つづく

トップページへもどる