東京タワーを撮影してみた

 

2006年10月(今から約年前)、
sonyのR1というカメラ(DSC-R1)を買ったみたものの、
カメラというものがよくわからん状態で撮影した東京タワーがこれ。

いろいろ初々しい…
しかも三脚なし…

…という感じの撮影をしてた。

それから8年後に改めて東京タワーを撮影してみた。
(友人のsony NEX-6+sigma 19mm F2.8レンズ)

(クリックすると拡大)

普通に撮影してみると、
NEX-6は夜景に関してはかなり黄色っぽく映る。

こういう黄色づくしの場合
オートホワイトバランスにくせにがあるのかな?

まあ、慣れてないだけなんだろうけど、
とりあえず今回は少し色補正をして掲載。

NEX-6はミラーレス一眼の1600万画素(APS-C)。
絞り・シャッタースピード・露出補正の操作が同時に出来なくて
操作が煩雑なのは頂けないけど、
画質は高解像+ソニーらしくていいと思う。

「てか、この2つの画像、立ち位置が違うだけじゃね?」
という感じもするけど

当時に比べて

「シャッタスピードと絞りは◯◯あたりが妥当だな」とか
「撮ろうと思ったさらに一歩先で撮れ」とか
ホワイトバランスをまめに設定するとか

理屈はやめて敢えて直感で撮影するとか、

東京タワーに向かって
「かっこいいっすよ! 今日もかっこいいっすよ!」
…とムダに声をかけるとか

8年間で撮影の仕方も変わってきた気がする。

 

トップページへもどる