SONY DSC-S30がまた壊れた

 

先日、
2000年からずっと使っていたDSC-S30という
ソニーのサイバーショットがまた壊れてしまった。

ズームもピンとあわせも出来なくなってしまったのだ。
修理に出すと1万円はくだらないだろうと予測。

 

サイバーショットDSC-S30はたったの130万画素だが
F2.8の明るいレンズで、ある程度のProgramAEが搭載され、
シャッタースピード優先や露出優先などを操作できた。

あと、自由に首が回る液晶部分が非常に便利で
ローアングルなどが自由に撮れた。

2000年としては画期的なデジカメだったせいか、
2000年から2005年ぐらいまでの間、
同じスペックのものが同価格帯でなかったので、
ずっと愛用していた。

 

 同じモデルがsofmapで中古が見つかり、速攻で購入。
これが3代目のDSC-S30 130万画素デジカメ。



 でも、
今となっては画質こそは荒いし、
ストロボも1mぐらいしか届かないし、
タル状にゆがむ画質に問題がある。

 そこで、

 ソニーの1030万画素サイバーショットを
半分計画的・でも半分以上衝動的に購入した。


これはDSC-S30(130万画素お古デジカメ)で撮影。F2.8 1/30秒

 

というわけで、
2台体制になった私のカメラ。

DSC-R1はサイバーショットの中でもプロレベルに匹敵するデジカメ。
1030万画素、カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」の威力はどうなのか。

取り外しできない一体型レンズとはいえ、F2.8まで高めた
広角24mmから120mmまでのズームがどんなものなのか。

いわゆる一眼レフっぽいカメラをほとんど触ったことのない私が
どこまでそれっぽい撮影が出来るのか。

乞うご期待。(^-^)

 

 

トップページへもどる