株価と内閣(政権)の関係と株価の推移

 

現在、1ドル= 円という円安効果も手伝って
日経平均株価(以下、株価)も推移しています。

それに便乗してお小遣稼ぎをしている人もいると思いますが、中身はどうであれ、
数値としてどのくらいのところまで上昇・回復したのでしょう。

1991年1月1日~2013年5月6日の約22年半の株価の推移をグラフにして、
内閣ごとに色分けをしてみました。

「株価=景気」ではないし、「株価=内閣の政治内容の良さを表す」
というわけではないのですが、なんかの参考になるかと思って貼っておきます。

日経平均株価の推移と内閣(政権)との関係と株価の推移をグラフにしてみた
      (1991年1月1日から2013年5月6日)The relations_of_japanese_stock_price_and_japanese_cabinet

※画像をクリックすると少し拡大されます。

 

現在の日経平均株価 がどういうレベルなのか、
自民党以外の政権(非自民・非共産政権)との違いはどうなのか、
株価が上がった内閣・下がった内閣はどこなのかをみてみると
何かしらの発見があるかもしれません。

 

まあ、どうせしばらくするとマスコミちゃんを中心に
「株価が上がっても庶民に還元された感じがしない!
しかも円安で物価が上がって大変だ」
とか報じられるのでしょうけれど、

何年間も不景気モードだったわけですから、
急にプラスに転じるはずがありません。
ある意味、踏ん張りどころでしょうね。

引き続き、日本が他国に負けないように努力している方々の
発言や活躍を見守りたいと思います。

 

※いろいろと私が思ったことを見たい人は
このページのソースリストを見てくださいね。

トップページへもどる