16ポートのギガHUB

 

先日友人から、
調子が悪いというハブを譲ってもらった。

※ハブ…ざっくり言うとLANケーブルのタコ足。

ネットギア 16ポートハブ:GS716T:netgear 16port switching hub

NetgearGS716T。1000BASE-Tで16ポートのスイッチングハブ。
定価で6.5万円となると、かなり出来る子といっていい。

16ポートというと、もはや家庭用レベルじゃない
(だって、1つの家で10台以上のPCを接続している家ってあまり聞かない)から、

SOHO向けで真面目なスイッチングハブ、ということになる。

このレベルまで来ると、
私にはわけの分からない高級な機能がいっぱいついている。

 

で、
故障部分を修理をしたら普通に安定して動いてくれたので、
ベンチマーク結果を貼ってみるね。

以前日記に書いたNetgear GS108T(8port)のHUBと比べてみた。

ネットギア ハブ:GS716TとGS108Tのスループット比較:速度比較:送信速度:netgear switching hub

あらまー。

年前(2009年)、こいつ速いなーと思っていたGS108Tが
寂しく思えるほどGS716Tが速い。

GS716Tは1000Mbpsのhubなんだけど、
941Mbpsものスループットが出るなんてどういうことなんだー。

オレの中ではここまで高効率で変換するhubは見たことがない。
通常は理論値の1/3程度なのになあ。

当時(fedora10やらwinXPやら965チップやらソフトウェアraid1やらなんやら)と比べて
PC環境も違うし、ストレージ(HDDだな)のスピードも異なるから
単純比較はできないけど、結果的に2倍以上のスピードが出たことには大満足。

ここまで速いhubだと、ストレージの遅さがボトルネックになるからなあ。

 

ちなみに、GS108Tはこれね。

ネットギア 8ポートハブ:GS108T:netgear 8port switching hub

こいつも決して悪くはないんだけど、
やっぱり優秀なお兄さんにはかなわないわなー。

 

 

ついでに送信データも貼ってみる。

ネットギア ハブ:GS716TとGS108Tのスループット比較:速度比較:送信速度:netgear switching hub

 

うん。フツーに速い。

GS108Tの時は送信MAXは300Mbpsだったけど、
こちらも2倍を超える結果が出た。

同じメーカーなのに、作りが違うとこんなに違うのね。

例えるところ、GS108Tが日産マーチなら、
GS716Tはスカイライン、という感じだなー。

 

トップページへもどる