コナミのゲームミュージック

 

これは確か制服を着ていた頃に他機種のソフトを見ながら移植したもの。

PC-6001mk2SRと PC-6601SR(Mr.PC)で作成した曲でーす。

音色は当時のまま。2台のPCを同時に鳴らして、
左チャンネルと右チャンネルを再現したものです。

 ※悲しいことに途中から音がずれます。

これはアーケードゲーム(※ゲーセンだな)初のステレオ音源ゲーム
沙羅曼蛇(サラマンダ) というゲームのBGMです。

古代祐三 というゲームミュージックコンポーザーが
まだ本格的にプロ活動をする前の雑誌投稿作品を
私がぼちぼちとPC-6001mk2SR達に移植したものなのですが、
古代祐三さん同様、2台のPCで演奏させています。

イメージはこんな感じ。

NEC PC-6001mk2SRとPC-6601SR(Mr.PC)

家庭的な画像だなー。(笑)

2つのパソコンは性能がほとんど同じですが、
左パートと右パートのプログラムで処理スピードが違うため、
途中から音がずれます。

※あまりにズレがひどいのでエディタで修正しましたが、これが限界です。

これを学生の頃の文化祭で展示した記憶があります。
当時としては革命的にステレオ感があったのですが、
誰も曲をしらないので、インパクトがなくて…

あと、PC-6001mk2SRはPC-8801mk2SRと比べて
一部音色設定のパラメータが削らているので、
ディストーションギターと思われる
歪んだ音が私には完全に再現できませんでした。

でも、FM音源独特の輝きのある音の良さが感じられる作品だと思います。

 

トップページへもどる