昭和32年の5円玉

 

こんなものが見つかりました。

昭和32年の5円玉10枚。

昭和32年の5年玉。
真ん中の5円玉がいい色合いです。

明朝体の頃の32年ものはビンテージものらしくて、
完全未使用品が15000円もするそうです。

使っている並品でも500円ぐらいで売られているとか。
そうすると、上の画像だけで5000円相当になるみたいです。

 

昭和24年~33年の5円玉の枚数・価値・相場
日本貨幣カタログ2007より)

 

5円が500円。最低でも100倍です。
完全未使用品(完未)と未使用品に関しては
通常の流通での発見はまずありえないのですが、
美品・並品でも高額なのが昭和32年物です。

 

うれしいので、

昭和32年5円玉を磨いてみた

きれいにしてみました。(笑)

 

でも、なんか趣がなくなってしまって
記念硬貨みたいになってしまいました。

しかもコインに私が写り込んでしまっています。

ちなみに、こうやってきれいにしても
並品扱いなので、ご注意下さいね。

あ、塩素とかサンポールとかレモンを掛けると
変色してしまいますからやめましょう。



ちなみに、よくギザあり10円玉が価値があるとか言いますが、
世間で使われていたらがんばっても100円程度です。

買い取り値段はいくらでしょうね。

でも、その中でも価値が高めなのはやっぱり昭和33年ものです。
昭和33年は最後のギザあり十円で、発行枚数が少なかったのです。

  

私も気づかなかったのですが、
平成12年から50円玉を中心に発行枚数が極端に減っています。
カード化などが進んだからのだそうです。

値段も、

平成12年の50円玉の並品     →400円、
平成12年の5円玉の並品     →100円、
平成13年の1円玉の並品        →100円。(笑)

集めるなら昔のコインより、最近の5円・50円がいいかも。(^^)

 

最後に、私の知人の偉大なるコレクション。

昭和58年穴ずれ50円玉

穴ずれの50円玉。

はっきりとわかるほどの大きな穴ずれはなかなかないそうです。
知人いわく、万単位の枚数を見てあるかないか、というレベルのようです。

価値があるかどうかは別として
とにかく珍しいことには変わりないようです。

 (この写真は目立つように裏に白いテープを巻いているようです)

 

たかが古銭ですが
興味のある方はお財布をお調べください。(^-^)

  

※ちなみに、昭和64年硬貨についてはこちら

もどる