オトルゼビウスの差分ファイル公開(マニア向け)

 

 

私は電波新聞社が大好きだ。

電波新聞社の「タイニーゼビウス」は名作だが、
作者の松島さんは当時中学生だったという。

まさに天才の作品である。

その「タイニーゼビウス」は以前(2002年3月)にも
このホームページでもご紹介している。

 

そのときに便乗して公開した「 ウソタイニーゼビウス(通称otoru)」だが、
「是非公開して欲しい」という話が持ち上がり、
とうとう本物のエンジニアさんまで巻き込む話にまで発展した。

今ここで謹んで公開させていただきたい。


※電波新聞社さん問題があったらご連絡ください。

 

オリジナルソフトは電波新聞社の「タイニーゼビウス」。
これに以下のotoru差分ファイルを上書きすることで動作するのだ。
さああなたは巨大要塞「otoru」をやっつけられるか?

 

必要なもの。

 ①電波新聞社のPC-6001用「タイニーゼビウス」
 (これがないと始まらない)

②PC-6001シリーズのPC 
(ここから各種ROMデータを吸い出す。
もちろん、ROMデータはPC本体から直接自分で用意されたし)

③PC-6001エミュレータ
(吸い出したROMデータで動く)

④若干のPC知識 
(テープの音をwaveファイルにして、それをツールを使って*.p6などのベタ形式にするなどの知識)

 

:ヒント:

PC-6001エミュレータは
ゆみたろさんの「PC6001V」
Bernieさんの「PC6001VW」
windyさんの「iP6 plus」などあり。

 

この条件を独力でクリアできる人に捧げたい。
これがotoru versionの差分データだ。

otoru-patch.rar(4KB)



中にreadme.txtがあるのでご覧頂きたい。
winrarで解凍すべし。

これは差分ファイルなので、
いうまでなくこれだけではゲームは動かない。

 

otoruモードはなんと
ゲームが始まると同時に漢字が飛んでくるぞw

 

 

この記事を書く上で

「是非otoruを公開しましょう!」と言い出してくださった hashiさん
otoruの差分データでご足労をいただいた のりさん
otoru専用loaderなどを作っていただいた Bernieさん
感謝の意を表したいと思います。

 

 

トップページへもどる