ウソTINY XEVIOUSの巻
(スーパーマニアック)

 

 

タイニーゼビウス。

マイコニストにはたまらない響き。

 

これは1983年12月に発売された、ナムコの大ヒットシューティングゲームxevious

あのNECのPC-6001(1982年発売)で再現した、

最高にして超強引なゲームである。

誰もが移植できないと思っていたあの大作をおもちゃマシンPC-6001に移植できるなんて誰が想像しただろうか。

電波新聞社さん画像使ってすみません。

感動のタイトル画面だ。

よみがえるあの緊張と興奮。

画像が荒いなんて禁句だぞ。

このタイニーゼビウスは電波ソフトの松島さんが中学生の時の力作。

普通の人が考える、「きれいな画質で再現性を高める」のではなく、

「画質を荒くしてスピードを確保し、なんとかゼビウスにしよう」とした彼の努力を感じてほしい。

 

 

 

でも、そんな大作なのだから、私の知人が作った

タイニーゼビウスの「改造バージョン」も公開しよう。

その名も「オトル」

トモダチ関係の似顔絵&名前らしいのだ。

OTORUというタイトルもステキだが、

いやーん、おとるくんがタイトルの上で転がっているじゃないかー。

破壊後の残骸がオトルくんになっていたり、
よくわからない(ギャプラスというシューティングゲーム)のキャラが入っている。

 

オトルくんだらけの図。(笑)

 

そんな熱い攻防戦を潜り抜けると

次は最強の敵、アンドアジェネシスだ!

こいつを破壊すると・・・

破壊後もやっぱりオトル君だった。(笑)

さみしく去っていくオトルくん。。

 

 

オトル君ってなんとなくガリガリクンに似てる気がする・・・

 

トップページへもどる