テープの頃(マニア話)

 

昔のパソコンにはフロッピーディスクなどほとんどなく、
テープにデータを残しておいたという話はご存知?

もうそんなつらかった時代を知っている人は少ないんでしょうか・・・

そこで、そのデータロードシーンを再現してみました。

 

いろいろな文字の上でクリックしてみて下さい。
今回は黄色く色が変わる所でマウスのボタンを押してみましょう。

今回のflash3のファイルは音付きなので101KBもあります。
読み込むが完了するまでゆっくりじっくり待ちましょう。

Adobe Flash Player を取得

====★ 解説 ★====

今のコンピュータはwindowsやmacだったりするので、
マウスでファイル名をクリックするだけで自動的にソフトウェアが立ち上がります。
(これはとんでもなく便利なこと)

昔のパソコンはテープで入出力をしていたわけですが、
市販ソフトだと読み込むのに大体5分から10分、
長いものは15分ぐらいかかりました。

1つのゲームをするのにそんなに待っていたのです。
何しろそれしか記録媒体がないので仕方なかったのです。

しかもテープに入っている音は
び~~~~~がじゃっがじゃ~~~~~」
というけたたましい音。この音こそがデータなのです。

ところが、テープというものは弱いメディアなので、
ちょっとでも変な事があるとデータが読み込めなくなってしまいます。

もちろん、テープがワカメ状態(しわしわ)になってしまったらかなりマズイし、
出力する際のボリュームが狂うとパソコンは読み取ってくれない・・・
というふうに、それはそれは悪戦苦闘しました

読み取れないときは
「?TR Error」というメッセージが出て止まってしまいます。
もちろん読み込んでいたデータはすべてパー。

そこで、何回も何回もロードが完了するまで頑張って繰り返すのでした。

こんな

こんな

こんなツライ時期を経て、
我々は便利を享受しているんだぁ~~~~~

 

ちなみに、今回のflashデータには

1 クリック音(ボタンを押すときに出る音)
2 cload命令をやったあとのパソコン内部から聞こえるカチッという音
3 テープの音
4 エラー音

以上4つが盛り込まれています。

 

トップページへもどる