カリンバを日本音楽っぽくチューニングしてみた

 

グアムからのお土産で、「ココナッツカリンバ」をいただきました。

せっかくだからこれを日本の伝統的な音階にチューニングしてみた動画をどうぞ。

これは「ド・レ♭・ファ・ソ・ラ#」の5種類を使っているので、
英語で言うところの「ペンタトニック」になりますね。

今回私が動画に使った音階を「陰旋法(いんせんぽう)」と呼びます。
江戸時代っぽい雰囲気になるのが特徴です。

これを応用すれば、琉球音階やペルシア音階なども再現できます。

音の調整がなかなかシビアで、恐らく0.1ミリずつ動かしている気分です。

とんとんと棒を動かすとお隣の棒まで一緒にずれるので、丁寧に音程調整をしています。

 

トップページへもどる