プロテクトを解いたらなんと…

 

小中高と授業中に寝たことがない私だったが、
大学のパソコンの授業の時は寝て育つ子に進化した。

趣味だったとはいえ、

NEC PC-6001用自作アプリ「よみあげくん」のソース

こんなふうに
ぼちぼちパソコンの言語を覚えて
高校ではマシン語プログラミングもしていたから、

教授が熱く語っている内容はなぜか知っていた。

初期の講義も

「11101011(二進数)を10進数に変えなさい」
とかいう感じだった。

こんな感じの内容が続くんだけど、

先生、知っててごめんと思いながら
睡魔と戦う日々。

 

そんな学生生活中、
先生が作ったプログラムに興味を持った。

どんなプログラミングをしているのだろうか、と。

実は当時使っていた東芝dynabookのBASICは
作ったプログラムを保存する際に

save "xxxxx.bas",p

…と、拡張子pをつけるとプロテクトが掛けられる。

うっかりこの拡張子をつけると、
プログラムを作った本人ですら見ることが出来なくなるほどの
強力なプロテクトがかかる。

今回お目当てのこのプログラムも

こうやって強制的にエラーが発生するから
プログラムを表示してくれない。

くそう、中が見られないじゃないか…。

パソコンの授業の時は、
生意気にもぬくぬくと寝て育った私だったが、

なんとなく全力を出して、
このプロテクトを外してみようゲフンゲフンと思ったわけだ。

 

とりあえず
プログラムをいったん消すのがポイント。

その後に自作のプログラムを起動する。

PC-6001 technical knowhowで覚えたテクを使ってプロテクトを外す時の自作アプリ

これはメモリの中からデータを探しだすプログラムのコメント部分。

今読むと、上の画像のコメントの意味がよくわからないけど
簡単にいえば

消したデータを探し出す → 吸い出す → 微調整する

という作業をする。

すると、
プログラムの中身が見えた。

あー、なるほどなるほど。

よく見てみると、この先生は私と同じで
思いつきでプログラミングするんだなー
同じにおいがするなー

という微笑ましい事実が判明した。

 

ある日、その先生から別件で研究室に呼ばれて、
帰るときに、ふと

「あ、センセー、そういえば
先生の作ったプログラム見ましたよー」

と報告したら

「なんだと、君。プロテクトをかけているから見えないはずだが」

「そうなんですけど、そのプロテクトを外してみました」

「なにっ」

 

その後、私のプロテクトを解く技術力が評価されたらしく、
「パソコンの授業のアシスタントをしないか」と誘われた。

なんか、時給なんとか円が支払われるんだって。
面白そうじゃんと思って快諾した、そんな大学生活。

 

 

でもねえ…

こういう育ち方をして調子に乗ると、
例えばこうなっちゃうからだめ!

 

※ちなみに、画像のパソコンはIBMのthinkpad T40pで、
windowsXP上でじぇいさんエミュレータを使用。

 

トップページへもどる