日本プルーンの開発秘話

 

前々から書こうと思っていたけど…
どうせ書くならwikipediaより詳しく書きたいなーと思って
ずーっと眠らせていたお話です。

それは日本プルーン。

毎年9月にしか採れない、期間限定の果物です。

普通、プルーンというと干したプルーンを思い出す方が多いと思うのですが、
干す前の生プルーンがこちらです。

干しプルーンじゃないよ!日本初の生プルーンは土屋果樹園発祥の「サンプルーン」画像1

果実の周りが白くなってますが、仕様ですw
ただの果粉で毒はありません。

これ、あまり見たことがない方々が多いと思うのですが、
なぜ見かけないかというと

生産者が限られることと、

「収穫→箱詰め→スーパーに送る」の頃には
すでに寿命が残り1週間ぐらいだからです。

そうです。持ちがすごく悪いんです。
しかもその傷みの早さのせいで、生のまま保存はできませんし、
外国から輸入することも出来ません。

だから、干して保存することが多いようですが、
生プルーンのほうが全然おいしいのです。

 

さて、プルーンの歴史を簡単にまとめてみましょう。

 

第二次世界大戦後に進駐軍が日本に来る時代からのお話。

果樹園をやっていた私のおじさん(土屋喜八郎)が
進駐軍の一人から苗木を受け取ったか、

干しプルーンを食べた実の種から芽が出てきたのどちらかがきっかけだと
うちのお袋(土屋喜八郎の妹)は言ってる。

数年間生育してみたら実ができた。

これは日本では見たことがない実だ!

当時は名前がないので、暫定的に「紫もも」という名前で呼ぶ。

ところが味が全くしない!

でも珍しい果物なのは間違いないので、他の木と交配することを繰り返す。

なかなか味がつかない!

そこで、とある「西洋すもも」(※具体的な品名は企業秘密)が
直径1cmになるまで育て、この「紫もも」と接ぎ木する。

長い年月をかけてようやく味がつき始める!

やったあ!!!

よし、これを本格的に売ろう!

ある日何気なく
プルーンのエキスが入った空き瓶を見ていたうちのお袋が

あれ、「紫もも」ってこの絵に似てる気ががするんだけど、 と気づき、
この謎の「紫もも」の正式名称が「プルーン(prune)」であることを発見。

おじさん納得


ところで、おじさんの果樹園は
いろいろな種類の果物を作っていました。

長野県長野市あたりは丁寧に袋をかぶせてりんごを育成しますが、
高級感が出る代わりにものすごい手間がかかります。

そこで、あえて袋をかけずに育成し、
太陽の陽を当てて真っ赤に育てる手法で長野市の「ふじ」と差別化を図ろう!
という作戦で市場に売り込んでいました。
(その場合、店頭で「サンふじ」と書かれているはず)

だから、おじさんはそれにちなんで今回のプルーンも
太陽を意味する「サン」を追加して

「サンプルーン」として登録→日本中に出荷し始めたのが
日本プルーンの始まりです。

干しプルーンじゃないよ!日本初の生プルーンは土屋果樹園発祥の「サンプルーン」画像2

地味な箱ではありますが、これが本家の証になります。
プルーンの本家だけに、総理大臣宛の注文が来るらしいのです。


そうなると、宛名書きをしているおばさまたちは大変です。

「ひゃー、総理大臣宛よ!! あたしは字が汚いから◯◯ちゃん書いて!」
「いやいやー、わたしなんかダメよー、□□ちゃんお願い!」
と、たらいまわし状態。

結局はうちのお袋がしぶしぶ書いて納品したと聞いてびっくり。

 

そんなプルーンですが、中身はとてもみずみずしいです。

干しプルーンじゃないよ!日本初の生プルーンは土屋果樹園発祥の「サンプルーン」画像3

すももの一種になりますが、すももよりは格段に歯ごたえがあっておいしいです。

 

 

ではまとめてみましょう。

日本プルーンの正式名称:サンプルーン
開発者:土屋喜八郎
名前発見者:うちのママン(喜八郎の妹)
日本原産地:土屋果樹園(長野県佐久市)

※その苗木を身内やその友人に分け与えることで、
サンプルーンは長野県佐久市とその界隈を中心に発展し、
その上、各地で品種改良が進んでいった、
…という流れになります。

 

ポイント1:摘果→出荷→店頭販売までに3~5日ぐらいかかるので
購入後5日以内に食べないとしなびてくる。
だから生のままの保存は出来ないし、
海外から輸入することが出来ない。

ポイント2:鉄分も豊富だし便秘解消効果もあるので、女性向け。
普通の人でも5個食うとおならすごいよ。まじで。

ポイント3:育ちやすい地域が限られているので、出荷量は非常に少ない。
欲しい方は8月頃の電話やネット予約が一番いいかも。

ポイント4:これを食べると干しプルーンには戻れないかも…。


「すや亀」さんのブログにも
プルーンに関してかなり詳しいことを書いておられるので、
興味のある方は御覧ください。

日本プルーンの本家である土屋果樹園のサイトはこちら。
このホームページだと注文に弱そうだから、
毎年8月下旬の電話注文するといいのかな…(親戚なんだから聞けよオレ)

 

(補足)
なーんでこんな記事を書くかって言うと、

土屋喜八郎さんを含む兄弟姉妹は6人いるのですが、
彼を含めて5名がすでに亡くなっています。
唯一生きているのがうちの母だけです。

母は元気ですが、生きているうちに
「できるだけ本当の裏事情」を聞いてまとめたものです。

 

トップページへもどる