コンロを分解清掃してみた

 

去年の年末、私の知人から
油ポットをコンロの上に置いといたら
1歳半ちゃんが盛大にこぼしてコンロが使えなくなった!
…という情報が入った。

希望小売価格6万円のパロマのコンロ(PA-340WA-L)でなかなか高機能。
しかもまだ2年しか使ってない。でも、パロマの人から

「修理代を考えると新しいのを買った方がいい」
といわれたらしく、泣く泣く同じものを買ったらしい。

修理マニアの私としては、捨てるのはもったいないよーと思い、
そのアブラギッシュなコンロを引き取ることにした。
(ちょうどウチのコンロも寿命を迎えはじめていたし)

で、早速分解にとりかかる。

パロマのコンロ分解中(paloma PA-340WA-L)

なんか、右側のコンロに油をこぼしたらしく、
グリルも油にまみれになったという。

サラダ油というのは350度ぐらいで燃え出すので、
油まみれの状態で使ったら火事になるかもしれないわなー。

それに、内部がべたべたのコンロなんて
ニオイが付着していいことないし。

で、

パロマのコンロ分解中・拡大(paloma PA-340WA-L)

マジックリンを片手に洗ったりふきふきして油を取り除く。
(画像は拭き終わった後)

ラッキーなことに配送中の衝撃で油が滴り落ちていて、
やばいほど油が残っているわけでもなかった。

一番気になる配線部分は油まみれにはなってなかった。

で、組み立て直すと

それなりにキレイになった。

恐る恐る火を入れみると

おー、きちんと動いたっ。

15分ぐらい放置してみたら、
サラダ油の廃油の臭いこそ発生したけどトラブルなし。

油も酸化しきってしまえば燃えることはないはずなので、
それまでは注意して使おうじゃないかー。


トップページへもどる