win7の中→win8の中→winXPがある環境

 

 

windows7の中にwindows8があって、さらにその中にwindowsXPがある状態が
こんなかんじです。

windows7 
      home premiumの中にwindows8proがあって、その中にwindowsXP home editionがある画像。
      仮想マシンとリモートデスクトップ接続(RDC)を同時に使った環境

いわゆる「仮想マシン」と「リモートデスクトップ接続」の合わせ技です。

※上のwindows8にはstartmenu8を組み込んでます。
また、windows7にはdexpot(日本語パッチはこちら)という
仮想ディスプレイソフトを入れて2画面を使い分けています。

 

詳しく説明すると、

①PCを2台用意し、片方にwindows8proを入れる。
②その中で仮想マシンを起動させてwindowsXPをインストールする。
③それを別PC(windows7)からリモートデスクトップ接続をする

とこんなふうになります。わかりにくいですけれど、
これが意外に快適なんです。

これなら
windows8では都合の悪い時にwindows7で対処できますし、
windowsXPで動いてほしいソフトは仮想マシン内で動いてくれるので、
3つすべてのOSが自由に操れることになります。

使ってみると
windows8proのリモートデスクトップが従来のものより全然軽いため、
windows7上で快適にwindows8を操作できます。

最近はずっとこのスタイルでPCを使っていますが、
重い動画以外はぶっちゃけ支障がありません。

 

ついでに、windows8の中で
ubuntu13とwindowsXPを同時に立ち上げてみました。

2種類のマインスイーパーが同時に動いています。

さすがに私の使っているpentiumG630TというCPUでは荷が重く、
linuxのubuntu13は悲しいほど重いです。

 

ちょっと脱線しましたが…

windowsXPの時代からパソコンのリモート制御ぐらいはしてました。
普通にrealVNCultraVNCを使っていましたが、
基本的に音がでないこと、ややスピードが遅いことが難点でした。

windows8のリモートデスクトップは
macやlinuxにつなげない以外は実用の域に達していると思います。

 

【注意点】

◯ リモートデスクトップ(RDC)を使うには、windows8proや、windows7 professional以上が必要です。
OSがprofessional未満の場合はrealVNCultraVNCなどで代用することになります。

◯ 仮想マシンを標準装備しているのは windows8proと windows7 professional以上です。
それより下位の物(win7 home premiumとか、win8無印とか)には内蔵されてないので、
その場合は自分で仮想ソフトを用意する必要があります。

◯ windows7 professional以上には「XPモード」があり、windowsXPを用意する必要がありませんが、
windows8は別途windowsXP(※PCについていたものではなく、OS単体で売られていたXP)が必要になります。

◯ 調べてみたら、macでwindowsをリモート接続できるそうです。
(相手のwindowsがprofessional以上でなければなりませんが)

◯ 8GBのメモリを積んでいれば、2~3つのOSは余裕で動きます。
ただ、私の場合はCPUパワーが足りないので、同時起動は2つに抑えてます。

 

トップページへもどる