80plusのgold電源を買ってみた

 

 

ほんとに半年ぶりぐらいにアキバに行ったので、
おみやげ?に買ってきたのがこれ。

エナーマックスの500W電源:外観1:enermax:pro87+:gold:power supply

台湾EnermaxPRO87+ EPG500AWTの500W(80Plus GOLD認証)。
要はパソコンの電源。

 

相変わらずパソコンを自分で組んで運用しているんだけど、
1~2年に1回、故障などのトラブルもあるのね。

最近あったのが、
乾燥した日にパソコン電源にコンセントをさした瞬間、
バチッと火花が散って、焦げた香りが広がって
マザーボードと電源がお亡くなりになった。

そんなこともあったりで
silverレベルかgoldレベルの電源が1つ欲しいなーと思っていた。

で、ショップに立ち寄ったら、
enermaxの500WのGOLD電源が在庫処分でなんと
約15,000円→7,980円だったので、これはラッキーと思って購入。

エナーマックスの500W電源:外観2:enermax:pro87+:gold:power supply

電源のファンはパソコンのマザーボードと接続して
初めて回り始めるんだけど、今回は強制回転させて撮影。

びっくりした。

ファンはのろのろ回っているから、
「おいお前はやる気があるのか?」と思うぐらい全然音がしない。

しかも電源を消した後も、電源内部の冷却のために
15秒ぐらいくるくる回るあたり、さすがenermax。(^^)

しかも、アイドル時のワット数が
ノーブランド系電源に比べて13Wも下がった。

中の部品は台湾製がメインで、
コンデンサは一次電源が 日本のrubycon
二次電源が日本ケミコン+ 出所不明の固体コンデンサ。

その中でも特にアメリカ製power MOSFETが高性能なため、
GOLD認定なんだって。

 

電源のスペックはこんな感じ。

エナーマックスの500W電源スペック:enermax:pro87+:gold:power supply

+12Vの合計だけで492Wだ…。
オレの場合はこんなにいらない…(笑)

※+3.3Vは基板上のICで使い、
+12VはHDD・CPU・ビデオボード・FANなどで使う。
PCをハードに使う人はこの+12Vをよく見て購入すべし。

 

昔のノーブランド電源は、3.3V+5V+12Vの合計で
「この製品は450Wです!」といってたのを思い出す。

昔のノーブランド電源のスペック

最近の電源は安くてもパワーがあるみたいだし、
静音性も上がってきて立派だけど
個人的には唯一の心配点はコイル鳴きだなあ…。

普通に使う分には5000円ぐらいの電源でもいいと思うけど、
電源はパソコンの要なので、きちんとしたものを買ったほうがいいよね。

 

 

トップページへもどる