ルーターを分解冷却してみた

 

2012年の猛暑対策として
ルーターを分解し、直接冷やしてみた。

※ついでに、ハブとVDSLルーターも冷やしたさー。
※NECの光VDSLルーターはルーティングさせてないので、VDSLモデムとして使ってる。

 

以前から妙にネット回線が不安定で、 パケ落ちが頻発して困っていた。

LAN側の問題なのか、WAN側(※建物外のハブ)に問題があるのかとか
いろいろわからなかったので、分解していろいろ調べてみたら

マイクロリサーチ社 netgenesis SuperOPT-Gfiveの基板上にある
リアルテック のチップ2個のうち、片方が70度を超える温度でびっくり。

そこで、
グリスを塗ってヒートシンクを載せて、
それを12cmファンで強制冷却したら急に安定した。

この温度が本来は許容範囲なのかどうかわからないし、
故障の前触れなのかもよくわからない。

不調の原因をつかむためにわざわざネットワーク構成を変えるのは面倒だなー
と思って、とりあえず様子を見ていたら夏が終わった。

 

最近の機器のファンレス化はとてもありがたいことだけど、
今回の熱ダレ現象を見ていたら、

業務用スイッチングハブ(例えばciscoで4,262,000円)や
業務用ルーター
(例えば保守管理付きで33,305,856円)が
なぜあんなにガンガンとファンを回しているのか、

ネットワーク機器だけのために、

なぜ部屋+エアコンを用意するのかが
よーくわかった夏だった。

 

トップページへもどる