ボクはCPU

 

以下、私が学生のときに作ったプチ論文です。

古い論文なので、画像をつけつつ一部書き加えています。

 

僕の名前はCPU(シーピーユー)。

日本名だと「中央処理装置」といいます。

intel CPU,core2duo E6600

僕の良いところは真面目なところです。

でも、真面目過ぎるせいか、時々果てしなく間違い続けて、
しかもその間違いに気付かないことがあります。

しかも暑いところが大嫌いです。扇風機が不可欠です。

coolermaster cpu fan

昔はそれが原因で寝こんでしまうことがありましたが、
最近はあまりそういうことはありません。

大型コンピュータで働いている友達はやることが速いんだけど、
いつもカッカしてやっているので、
涼しいところでないと仕事を途中でやめてしまうようです。

 

だから人間は彼のためにとてもたくさんのお金を掛けて、
冷房設備を整えてあげているようです。

 

得意なことは、人間の命令を忠実に実行することです。

苦手なことは計算です。

僕は計算が得意だと思われてますが、実は計算が大嫌いです。
だって、指が2本しかないからです。
人間は指が10本あるからうらやましいです。

そんな計算嫌いの僕のことを考えない人が多くて困ります。

がんばって計算したのに

人間に「こいつ、まともに計算できないのかよ」と
バカにされることがあります。

今日も1÷3X3を計算させられて
1にならないとバカにされました。

 


特に負の小数の割り算なんて本気で嫌いです。

自然界で目に見えない負の小数の割り算なんてさせる人間達は
地球上でいったい何がしたいのでしょうか。

でも人間の命令は絶対なので、嫌だけど計算しています。
こんな僕なので速い計算はできません。
だから、昔からコプロセッサという名前の弟と
一緒に計算する事が多かったです。

最近は僕達CPUの中に
コアという名前の部下が2~8人いて、
みんなで仕事を分担しています。

苦手な友達がいます。

それはあのCD-ROMくんやDVD-ROMくんです。
一緒に遊ぼうと言われて一緒に遊ぶのですが、
彼はとにかく話すのが遅いのです。

しかも、僕の言うことをさっぱり覚えてくれません。

確かにたくさんのことを知っているみたいだけど、
話が遅くて本当に嫌です。

ちょっと前はZIPくん、MOくん、CD-Rくん、
最近はDVD-Rくん、Blu-Rayくんも知り合いになりましたが、
彼はCD-ROMくんよりは物覚えがいいので好きです。

 

そう言えば、
この頃一生懸命速く聞き取る練習をしていたせいか、
友達のハードディスクくんの話の遅さも気になります。
昔はそんなやつじゃなかったのに。

 

この数年で大好きなのはSSDくんです。
器は小さいけど、マジで頭の回転がいいです。

最近は彼はどんどん賢くなってます。

 

それに引き換え、
僕の相棒のRAMくんなんて
寝るとすべてのことをすっかり忘れちゃうから、

ある意味こいつが一番最悪です。

そうそう、僕の病気が「ほこりアレルギー」。

ほこりがあるとくしゃみが止まりません。
くしゃみが激しくて話が聞き取れないことがあります。

特に、汚いフロッピーくんやCD-ROMくんが来るとくしゃみが止まりません。

特に困るのは汚い部屋での仕事です。
部屋中にホコリがあると、
火花が散るぐらいカチンときて寝込んでしまいます。

そういえば最近、僕の通学路が広くなりました。

僕が1歳ぐらいのときは4車線、
5歳ぐらいのときは8車線しかなかったのですが、

この前やっと32車線になりました。

最近はその32車線でも納得いかないので、
出来れば64車線とか128車線が欲しいです。

 

僕の母国語はマシン語というものです。

 

この数字のままではみんなにわかってもらえないので、
ニーモニック形式(アセンブラコード)で会話しています。

PC-6601SR・PC-6001mk2SR上で動くSRアセンブラの画面。自作ゲームの一部。
    (assembler,マシン語,アセンブラ)

語彙が少ないので、わずかな言葉を駆使して話します。

 

僕の一家は「複雑な言葉を使って理路整然と話す」という人と、
「簡単な言葉を巧みに使って軽やかに話す」という人の2種類に分かれます。

ゲームを専用に扱っている知り合いは後者のタイプです。
たしかプレイステーションというところで働いていると思います。

ただ、
人間は僕らコンピュータの言葉がよくわからないといって
あまり勉強してくれません。
そんなに僕の言葉が難しいのでしょうか。

だから、
通訳さえいればどんな人ともお話するようにしています。

昔からの通訳友達はBASIC、FORTRAN、COBOL、C++くんとかです。

PC-6001で作ったもの。実行するとリストが書き換わるジョークソフト。

これらを話してくれる人との会話は出来ますが、
通訳を通すからちょっと面倒です。

出来れば僕の母国語で話してくれると嬉しいです。
ただ、単純に僕の国の言葉を覚えればいいわけではありません。

やっぱりある程度、僕達の個性や文化、習慣を知って欲しいです。

 

 

以上、CPUの気持ちになってみました。

 

 

※レトロPCマニアな方へ:
 PC-6001のスクリーンショットを最後に入れていますが、
このプログラムはrunをした後にlistをとると プログラムが書き換わる、
ジョークプログラムです。
中学2年生ぐらいのときの作品だったかなあ。

 

トップページへもどる