3Dテトリス [BLOCK OUT2]

 

テトリスといえば有名なゲームですが、
それの3次元版にしたのが「BLOCK OUT」です。

そのlinux版がBLOCK OUT2なのでしょうか。

3次元テトリス:ブロックアウト2:blockout2 :linux:fedora15

※念のためぼやいておきます→「俺がroot権限でゲームするわけがない」

 

暇なパソコンにubuntufedora などの「linux」というOSを
windowsとは別途にインストールし、
ゲームの追加をすれば出来ると思います。

 

さて、このblockoutは
アメリカのテクノス社が作った アーケードゲーム(※ゲーセンゲーム)です。

1990年代にはdos/vマシン(windows時代の1世代前)に移植されていて、
時々練習していました。

久しぶりにノートPCで起動させてみました。


これがdos/v PC用のblockout。スクリーンショットができないので、デジカメで撮影です。

普通のテトリスと違ってキューブの形が特殊ですし、
それを上下左右に回転させるので、頭のなかがこんがらがります。

しかもスピードに耐えながら首尾よく隙間なく埋めていくのが醍醐味です。

当時の記録をみてみると

1995年だってさ…。年前だよ…。
てか、この頃の私のノートパソコンは白黒だったから
カラーでびっくりしたよ…

で、ある日、linuxのfedora15をインストールしていました。

画面はすごいシンプルですが、windows7とmacOSXが合体したような
使いやすいOSです。

しばらくfedora15の設定をしていましたが、
息抜きに無料のアプリを眺めていたら、こんなものを発見しました。

blockout。しかもパート2です。

 

ひゃー。久しぶりだー。

15年ぶり?の3Dテトリス。

QWEとASDの6つのボタンでくるくる回転させて、
スペースキーで落下させます。

しばらくするとこんなかんじになってきます。
ポーズボタンを押すとブロック画面が隠されてしまうので、
プレイ中にスクリーンショットを撮ってみます。

でも、久しぶりすぎてうまく揃えられなくて、

gameover。

dos/v版と違って、最後に立体的にブロックを見せてくれるので、
何段目でしくじったのかがわかります。

3Dとはいえテトリスなので、回転入れも可能ですが、
ブロックの形が特殊なので、それを覚えて自由に回転入れ出来る人が
世界にはどれくらいいるのでしょうか…。

 

トップページへもどる