さめがめ (linux版)

 

1年以上前に
linuxというOS(※下で説明)をインストールしたとき
ちょっとトライしてみました。

さめがめは もりすけさんが作ったゲームが元になっていますが、
UNIX,linuxなどにも移植された隠れた名作です。

画面上にあるボールが
上下左右の方向に同じ色が2つ以上並んでいるときに
クリックすると消えていきます。
たくさんのボールを同時に消すと高得点です。
できるだけボールが残らないようにし、
全消しを目標にします。

重力もあるので、
同じ色が複数集まって消える、いわゆる連鎖がない
ぷよぷよのようなイメージです。

さめがめにもいろんな種類があります。
ちょっと検索してみたら音が出ますがこんなのが面白そうです。


下の記録はsame GNOME(さめグノーム)の記録です。

linuxでのさめがめともなると、
すごくマイナーな世界ですが、
いつの日か陽の目を浴びる日がくるといいな…

まずは、初級とも言える「小さい」の記録。

linux版のさめGNOME「小さい」の記録:4110点:samegameとかsameGNOMEともいう

※スコアの欄が小さくならないように、背景だけサイズを縮小しています。

 

やってみるとわかりますが、
4000を超えるのがひとつの山。

 

次に、中級である「中くらい」。

linux版のさめGNOME「中くらい」の記録:21585点:samegameとかsameGNOMEともいう

連鎖が気持ちよくて楽しいのですが、
意外に21000点はハードルが高いです。

 

次に上級とも言える、「大きい」です。

linux版のさめGNOME「大きい」の記録:105691点:samegameとかsameGNOMEともいう


すごい数の玉だけど、ボールの種類は少ないので
どんどん消えていきます。

数が多くなろうと難しくはないのですが、
10万点が1つの山だと思います。

 

ちなみに、

上とは別の人が作った「さめがめ」の記録も。

※こちらは難易度選択はないです。
面は選んでいません。一発勝負。

linux版のさめがめの記録:5686点:samegame-5686pts

ボールが少ないステージのほうが
ボールが残ってしまうケースが多いかもしれません。

 

興味のあるかたは
是非トライしてみてください。
無料のOSなので、損はないはずです。

 

☆  ☆  ☆

 

※linux(一般的にはリナックスという読みでいいと思う)は、
windowsとかと同じOSの1つです。
windowsは1万円ちょっと~4万円弱の値段ですが、
linuxは無料です。

linuxは代表的なものに
ubuntu(ウブントゥ), knoppix, centOS, fedora, vine linux,
今度出るという google chromeOSとかがあります。

無料のゲームやアプリや無料のOpenOfficeが入っています。
(すべてのlinuxに同じソフトが入っているとはかぎりませんけど)

linuxのインストール・運用はちょっと大変ですが、
余っているパソコンがある人や、
使わない1GB以上のUSBメモリがある人、
ハードディスクなどを別途に用意出来る人、
ISOイメージというのをDVDに焼ける
ぐらいの知識があれば

そこにlinuxを入れることで、
windowsを消すことなくlinuxを運用できます。

※画像はfedora10を使用。

トップページへもどる