マイクプリアンプMIC-100

 

 

ドイツのBehringer(ベリンガー)社 のマイクプリアンプMIC-100のお話。

behringer microphone pre-amplifier mic100
      (ベリンガーのマイクプリアンプ)img-1

簡単にいえば、マイク専用のアンプといえばいいのかな。
※エレキギターにも使えるけど。

48Vのファンタム電源にも対応しているので、
コンデンサマイクに電源を供給できる(コンデンサマイクに対応している)のがポイント。

特筆すべきなのは
マイクプリアンプとコンデンサマイクという組み合わせはやっぱりすごいこと。
中に入っている真空管のおかげで、太くて芯のある音が録音できる。

そだなー。
説明しても分かりにくいからサンプルを。
とりあえず一発どり。
すげーがんばってもアルペジオが安定しない私。

エレアコをマイクに近づけて生録。

エレアコだからマイクを通さずに
シールド(※ケーブルだな)→MIC-100→PCという接続もできるけど、
プリアンプの性能をお伝えするために、
あえてコンデンサマイクでエレアコの音を拾ってみた。

いやー。予想外のクオリティー。(^^)
是非ヘッドフォンで聞いておくれ。

behringer microphone pre-amplifier 
      mic100(ベリンガーのマイクプリアンプ)img-2

※背面の画質が悪いっ(ーー))

入力は標準プラグとXLR端子(3ピン)に対応している。
出力はなぜか標準プラグとXLR端子の両方同時に使える。

※あ、それならアンプとミキサーの両方につなげられるかも。

ちなみに、
ベリンガーの機材はこれで3台目。
15チャンネルミキサーとギターエフェクターとこれの3つ。

相変わらず、ベリンガーは電源スイッチがない。
電源を消すときはいちいちコンセントを抜けってことらしい。
※背面左のDCソケットの右側はコードを束ねるプラスティック。

手堅さがドイツクオリティーだよ。(^-^)

 

トップページへもどる