六星占術の運命がぞろ目の日(110327追記)

 

2010年2月9日と21日は
六星占術の結果が
みなさん揃ってぞろ目になる日でした。

2010年2月9日と21日に六星占術の運勢が3つそろった(笑)

(以前作った、六星占術の運勢を計算→一覧表示するプログラム。全くこんなのを作って何の意味が…)

 

それから1年後。(追記:110327)

1年後の2011年3月13日と24日に新たなゾロ目が来ます。

2011年3月13日と24日でまた六星占術の運勢が3つそろった(笑)

 

細木さんが作ったという六星占術ですが、
バイオリズムと似ていて
計算で求められるものだったりします 。

バイオリズムはこれ。

サンプルとして、
平成元年1月1日生まれ→平成22年(2010年)2月9日の結果。

バイオリズム(biorhythm)平成元年1月1日生~平成22年2月9日の場合

(学生のときに作ってみたやつ。あ、これ、日数計算が1日ズレている…?)

バイオリズムは
23日周期の身体(Physical)、
28日周期の感情(Sensitivity)、
33日周期の知性(Intellecutual)

の3つの波形で読み取ります。
3つが完全に揃うのは21252日に1回。
(うるう年込み計算で 58年と67日)

中央の目盛りとの交点が要注意日になります。

一方、六星占術は

4383日(12年)で1周する計算になります。

9人まで占える六星占術を作りながら思いましたが、
六星占術って実は生体リズムから予測する占いの1つ
なのかもしれません。

(コンビニや書店に行くと、水星人と木星人の本が結構売り切れてますね。
大殺界扱いだからだと思いますが…) 

 

トップページへもどる