Magic mouseを買ってみた

 

今現在(2009年11月~下旬)、在庫がないということで有名な
apple社のMagic mouseを購入。(2009年11月21日)

 

apple magic mouse(マジックマウス)

ふらりとお店に寄ったら
なーーーーーーんとmagic mouseがたまたま売られていた。

それも6台。

「まあこれでやっと正常に売られるようになったかー」
と思って20分後に戻ってきたら、もう残り2個。

え?? まーぢーでー?

私:「さっき見たら6個あったのに、もう2個しかないんですね…」

店員:「そうなんです…。今日の午前中にたまたま入荷できたんですよ」

私:「次の入荷はやっぱり未定ですか?」

店員:「そうですね…はい。」

私:「まーぢーですかー。うーーーん、じゃ、買います」

という流れで購入。

 

今回のマックマウスは珍しく
プラスティックケースに入っている。

 

apple magic mouse (マジックマウス:ケース入り)

 

こんなにスタイリッシュなマウスは見たことない。

どっかwindows系マウスがまねしそう。。。

とにかく薄い。くるくる回すホイールもない。

apple magic mouse(マジックマウス:厚さ23mm)

2センチちょっと。とにかく薄いんだよね。

これなら持ち運び可能。
専用のケースが欲しくなる。

このマウスを簡単に説明すれば、
左クリックと右クリックは通常マウスと同じ+背中がタッチパッド、
ということかも。
ただし、ノートパソコンのタッチパッドみたいに軽く表面をたたいても
クリックにはならないので注意。

(詳しいことはappleへ)

普通のマウスは前方にホイールがあって、
それをくりくりと回せば画面が上下できるが、
こいつの場合は、表面を上下になぞる仕組み。

左右になぞれば画面が左右にスクロールする。
2本指で左右に振れば、前ページ・次ページに移動する。

とても面白い機能だ。

マウス前方だけではなく、りんごマークがあるところまで
当たり判定があるのもポイント。

apple magic mouse(マジックマウス)

この部分をなでなでしてればインターネットの閲覧も楽チン♪

もーねー、
持っていること自体が幸せな逸品だと思う。

 

ただ、いい話ばかりだといけないので、
気になる点も。(※主観の問題ってことも踏まえてね)

以下、8000円以上のロジクールマウスと並べて考える人向け)

まず、
1)指が湿っている時はマウス表面が滑らかに移動できないので、
スムーズにスクロールしない。
※指を立てるようにしてやると問題なし。

 

2) windows系マウスとの併用しようとするとちょっと不便。
windows系マウスの個体差もあるが、
マックとwindows系マウスはマウスポインタの移動量がちょっと違うので

windows系のマウスと同時に挿して、
OSX上でマジックマウスが快適に動く設定にすると
windows系マウスはちょっと動かすだけで画面の端に到達してしまう。
(windowsマウスのドライバを入れて調整すればいいのかなあ)

かといって、windows系マウスに設定をあわせると、
今度はmagic mouseのマウスポインタがあまり動かないので、

マウスを動かす→マウスを持ち上げ→元の位置で下ろす→
またマウスを動かす→マウスを持ち上げ→元の位置で下ろす

…ということになるが、このマウス、意外に重いのでそれはそれで疲れる。

※まあ、使用マウスがmagic mouseだけなら気にならない問題。

 

3) 2本指で左右にずらす「スワイプ」は便利だが、
1番同様、指が湿っている時は摩擦が大きいため、
マウスを親指+薬指で固定させないといけない。
(慣れの問題かもしれない)

 

4) 滑りにくいマウスパッドの上でないと、
なでなでしたときにマウスが滑って移動する。

(2009・12・05追記)
5) サイドボタンはないので、多用している人、
必須の人は違うアイデアが必要。

6)一部のアプリでなめらかに動かない。
ソフトウェアのアップデート次第で変わるはず。
apple社のアプリケーションは問題ない)

ちょっと、辛口なコメントもつけてみたけど、
普通にインターネットしたり、ituneとかするのであれば問題ない
いいマウスだと思う。windows系マウスにこんなラインナップはないし。
しかもかっこいいしさ。(^-^)

てか、ヤフオクみたら、6950円で取引されていてびっくり。
なんと定価より150円高い…(2009/11/28)

 

トップページへもどる