銘酒「洗心」を買ってみた。

 

久保田で有名な新潟県は朝日酒造
最高峰「洗心(せんしん)」を購入。

まずは記念撮影。(^ー^)

朝日酒造:洗心の画像1:senshin, sen-shin,asahi shuzou,sake, Senshin is the most expensive and best sake in Asahi-shuzo, and its seimaibuai is 28%.

純米大吟醸。
いわゆる「久保田」の上にランクされるものらしい。

ちなみに久保田はこれね。

朝日酒造:久保田萬寿: Kubota manju is the best sake in kubota of asahi-shuzo

久保田の味って
基本的には薄口。後から味がくうぅっと来るのが特徴。
その味わいは辛口端麗、でもそれほど主張するわけではなく、
ほんのりと包み込むような風味がある。

今回の日本酒はかなり本格的。
というのも、銘酒「得月」で説明するところの

朝日酒造:得月のお米: Tokugetsu, which is the second rank in asahi-shuzo

このお米のサンプルを見るとおり、
かなりお米を精米しつくしている。

詳しいパンフレットはこれ。

朝日酒造:得月の精米: seimai of tokugetsu

玄米を28%にまで削りに削って
そのわずかな中心部分のみを使って作るのが
精米歩合28%という世界である。

ここまで削れば
悪酔いにつながる不純物質までなくなるという。

で、このお米をふんだんに使って作るわけだ。

洗心もここまで精米した作品。

朝日酒造:洗心の精米歩合28%: seimaibuai of Senshin is 28%.

精米歩合を赤丸で囲ってみたが、
ナンダヨこの28%って。
贅沢な数字だ。

で、開けてみた。

朝日酒造:洗心の画像2:senshin, sen-shin,asahi shuzou,sake,

くーっ。
心が洗われるようだ。(^ー^)

味わいはまさに辛口端麗。
久保田は「あれ? 味は?」と思わせておいて、
あとからだんだんと味が現れてくるが、

洗心は初っぱなから辛口で攻めてくる。
でも、攻撃的な要素がなく、後から包まれるような味わいがくる。

まさにツンデレな味わいだった。

しかも、酒を飲むと体調を崩すこの私でも、
全く拒否反応を示さなかったのがこのお酒の特徴。
精米歩合28%効果がこれらしい。
すばらしい。これならいくらでも飲める。


洗心以外に
宮城県の銘酒 「浦霞(古酒)」も知人用に買ってみた。

辛口端麗が浦霞の魅力。

浦霞の古酒ともなるとなかなか玉数が少ないらしい。

宮城の浦霞:古酒


これは平成16年に作ったお酒を4年間寝かせたもの。
4年も寝かせるとは・・・ワインみたいだなあ。
こちらの精米歩合は40%。

この前、純米酒で精米歩合65%の浦霞を飲んだけど、
直球辛口って感じだった。

贈答用だから
味はわからないけど、
記念写真だけは外せないw

宮城の浦霞:古酒2

きんきらだなあ。
こちらも純米大吟醸。

生酒や純米酒だとちょっと体が拒否反応を示す私だが
純米+大吟醸なら問題がないらしい。

トップページへもどる