intel 965チップセットの構成図を作った

 

 

以前から、PC2-xxxxメモリとDDR2とFSBの関係がごちゃごちゃになりやすいので、
年前、こんな表を作った。

 

intel 965チップセット構成図

拡大したものがこれ。

ところが、2008年11月16日に日本で発売になったcore i7から
FSBという概念がなくなったから
この表の意味が・・・(笑)

core i7はハイパースレッドをつかったとはいえ、
家庭用PCで1CPU 8core相当はすげえと思う。

しかも、AMDのようにCPUにメモリコントローラを内蔵したことと
空いているコアに使う電力を忙しいコアに振るturbo boost technologyを採用したこと、
トリプルチャンネルメモリなどを採用したことで
メモリ周りでもたつく2CPU(8コア)のXeonより速いかも。

(まあ、Xeonは元々サーバー用だしな)

従来のintelチップ構成って、メモリが速くなっても
CPUがボトルネックになってるよなーと思っていただけに、
core i7のこれからの進展が気になるよね。

年前、仲間内で「1つのパソコンの中にCPUが256こあって分散処理できればいいのにな」と
半分冗談で言っていたマルチCPU時代にやっと入った気がする。
後はそれを使いこなすOS(まあ64ビットOS)とソフトウェア、
マルチコア搭載のビデオカード(理想はマザボと一体化)、
SSDなどをメインとする長寿命高速外部記憶装置があれば、
新世代突入確定。

 

 

追記:上の表でsouth bridgeにAGPx8をぶら下げて記述してましたので、これを修正しました。すみません。(2009/05/11)

トップページへもどる