2008年の花火

 

普通、花火大会というと
彼氏彼女・家族・友人などと行くことが多いから、
きれいな写真を撮るとなると
撮影上、いろいろと制限が多くなる。

厳密に言えば、きれいな花火の撮影は
当日の「場所取り」から始まっているのかもしれない。

そう考えると、実は孤独な作業なのかも。

てか、すげえ真面目に写真撮ってるときって
花火が全然楽しめないって悲惨なオチが(以下ry

たとえば交通規制の関係で
近くに寄れないとき。

花火1

面白くない。(写真は)

全然面白くない。(写真は)

しかも、去年は人間が入ってなくて
「花火を見てますっ」という臨場感がなかった。

かといって、


花火2

うーん

なんか違う。

浴衣姿や和みムードが伝わってくるのはいいが、
花火の写り方云々を問う前に、
場所取りの段階ですでに遅れを取っている。

でも
そんな制約がありながらも
きれいに撮るのが男だと信じて

2008花火3

今回はがんばって
マニュアルフォーカスで撮ってみた。


なんか花火を見ている人が
不気味になってしまっている(笑)し、
不思議と合成っぽく見えてしまうので、
実はこれもいまいちなのだが・・・。

まあ、何となく要領はつかめてきたから
(本とかネットでコツを勉強すればいいんだろうけどそれは気に食わん)

来年こそっ。 (^-^)

※ちなみに、線香花火の画像を追加してみます。(08/09/15)
線香花火って火力で結構揺れるんだよねびっくり。

トップページへもどる