DSC-R1の作品(水のみ場編)

 

 SONYのcybershot DSC-R1を手にして1ヶ月を超えた。

 

水のみ場:

※絞り優先(F4 1/400) ISO-160 露出補正なし 手持ち。フルサイズはこちら

 天気がいいといろいろな輝きが見える。

 

 

青山付近から:

※絞り優先(F2.8 1秒) ISO-160 露出補正-1 手持ち。フルサイズはこちら

 

中心のとがっている小さい建築物はなんだろ。
その上5cmぐらい上にある小さい点は金星?

  

- 今のところの発見 -

 

●R1は24mm~120mmのF2.4~4.8の明るいズームレンズ一体型だが、
レンズだけで7-8万円相当(だったかな?)だといわれると
なんとなくそうかもって気がしてきた。
さすがカールツァイス バリオ・ゾナーT*

 

●R1は流し撮りには向いてない気がする。ファインダーの表示速度が遅すぎるから。
(液晶表示速度が30fpsでは厳しい)

 

 ●マクロ撮影(接近撮影)に気を使う。焦点距離が最短で30cmなので、
遠くからズームで撮るか、撮影後にトリミングして切り出して使うべきなのか。
それかレイノックスのレンズを上からかぶせてみるかいずれか。

 

●電池の持ちがすごい。フル充電で撮影300分、再生600分と表示される。
まあ実際はそんなに長くはないのだが、
起動時間が0.4秒とかそのくらいなので、
電源をこまめに消してしまう私の撮影方法だと
1日近く撮影しても電池一本で済むのがうれしい。

 

 ●ファインダーを覗いた撮影だと被写体になる人間は無意識に構えるけど、
液晶を使い、被写体になる人間と目線が合わないようにして撮ると
表情に自然さが残っていい。

 

●ソニーのデジカメはしばらくかっこいいのがないなあと思っていたが、
R1はほかの機種に比べると近未来的な雰囲気があって
私はかっこいいと思う。

 

まだ露出とシャッタースピードの関係もよくわかってない素人の私だが、
最近は胸ポケットに収納できるサイズの
コンパクトデジカメに興味を持ちつつあるのはナイショ。(^-^)

 

 

トップページへもどる