サイバーショットDSC-R1のインプレッション

 

 いまどきの携帯だって300万画素近くまである時代。

画素数が画質の基準になるわけではないのだが、
やはり130万画素では表現の限界がある。

 そこで今までの130万画素デジカメから
1030万画素と大幅にアップした。

ソニーのサイバーショットDSC-R1はマニュアルを見なくても操作がしやすく、
それが購入の決め手にもなった。

だからマニュアルを見ないでどこまで取れるのか実験。

 

銀座にて。


絞り優先F4.8 1/10秒 ISO-160 露出補正-0.3 手持ち。たぶん120mm状態。リサイズ済み

手持ちだけにブレないようにするのが大変。

 

 

皇居周辺にて。


絞り優先F2.8 4秒開放 ISO-160 露出補正なし 手持ち リサイズ済み。

 

DSC-R1のレンズは取りはずせない一体型レンズなのだが、
私は50mmや35mmや70-200mmなどの単体レンズを
常時持ち歩くほどのヘビーカメラマンでもないから、
一体型のほうが便利で良い。

パッと取り出してサッと撮影できるからだ。

しかも、
電源入れて0.5秒後には撮影できるのがうれしい。

写真の撮り方はわからないことばかりだが、
カメラ自体の画質のクオリティーは
素人の私が見ても高い気がする。

 

上の画像は800*533ピクセルだが、
せめて1280x853で見てほしいところ。

 

トップページへもどる