リコーダーのお話

 

 2000年10月22日にようやく欲しかったものを手に入れました。
それはなんと「リコーダー」。

ヤマハのリコーダーたちです。

中でも透けているリコーダーは スケルトンタイプのリコーダーで
最近発売された、とてもキレイで魅力的な一品です。

リコーダーはアンサンブル(合奏)の時に最もその魅力が出ると信じていた私は、

カセットテープにアルトのパートを録音し、
それを聞きながらメゾソプラノも重ね録音し、
更にそれを聞きながらソプラノパートを演奏する、

「一人三重奏」をして練習にいそしんでいました。
(友達がいなかったわけではないんだけどw)

ある日、ウチの母が「あら、お友達がいるのね」といって、
気を利かせてお菓子を用意して部屋に入ったら、
リコーダーを吹いている私しかいなくて、
「は?」といったきり、ボー然としていたことは内緒です。

 

では、ちょっと演奏してみましょう。

※正確には「付属音楽“アブデラザール”より4つの小品」の中の「ロンド」。

日本でいうところの江戸時代、イギリスのヘンリー・パーセルが作った曲です。

ソプラノ・アルト・テノール・バスの四重奏の曲で、
全部私が吹いて演奏し、重ね取りしたものです。

この曲は小学6年生のとき音楽の授業で先生が
「リコーダーが上手な小学生が吹いていて、
とてもきれいな曲だったからみんなも聞いて欲しい」
と言われて聞かされた曲です。

本当は、AA' B AA' C Aという構成の曲なのですが、
全部演奏したらファイルサイズがえらいことになるので、
そのAとBの部分だけを演奏してみました。

※録音当時は原曲を聞いたことがなかったので、スピードが遅めです。

使った機材はこちら。

これはwind controller(YAMAHA・EW-20)といって、
シンセサイザーの一種です。リコーダーと同じ指使いで演奏出来ます。

 

いやー、それにしても久々に真面目に演奏したぞー。(^^)

 

トップページへもどる